整体の歴史

整体の歴史はとても古く、その起源は2000年以上前の中国と言われています。そもそも以前は整体ではなく、古代中国で行われていた推拿と呼ばれる手技が日本に伝わり、各流派で独自な発展をしたものが現在の整体と言われているのです。

 

整体

 

整体の源流と言われる推拿は、鍼灸や漢方と並んで中国3大医学の一つとして、中国では今でも病院で推拿科が置かれるほど一般的な療法で、薬や器具を使わず施術者の手技のみで身体の不調を改善していきます。

 

また、アメリカで開発されたオステオパシーは、筋肉のバランスを整えることで骨の位置を正常な位置に戻し、不調を取り除くといった特徴を持ち、日本の整体に大きな影響を与えた手技と言えるでしょう。
同じくカイロプラクティックも日本の整体に影響を与えた手技のひとつですが、こちらは歪みを整えることで神経系に作用させ、自然治癒力を高めるといった効果を期待していて、どちらも同じような手法で施術を行うものの、その目的や期待する効果の出方に違いがあるため、全く別の療法と認識されています。

 

 

日本で行われるようになったのは明治以降と言われていますが、それまで日本では指圧などの療法が行われていて、海外から推拿やカイロプラクティック、オステオパシーの手技を幅広く取り入れて発展させることで、整体と呼ばれる日本独自の手技へと発展させて来たと言えます。

 

現在では推拿・オステオパシー・カイロプラクティックに留まらず、運動生理学やスポーツコンデイショニングなどの理論に基づいた様々な流派の物がありますが、その基本的な考え方はどれも同じで、骨格や骨格筋の歪みを整え不調を取り除くというものに変わりはないのです。

 

施術を行う者の技術や経験、手法などによって得られる効果が違ってくるといった特徴がありますが、医学の進歩によって今まで常識だったことが違っていたりと、新たな常識を取り入れて現在でも進化を続けているのも整体の特徴と言えるでしょう。

整体の原理とは

整体では、患者の骨をポキポキと鳴らしたり、ほぐしたりすることで、体の節々の痛みを取り除くことができます。スポーツをしている人や、交通事故にあった人など、様々な原因で訪れる人も多いこの整体ですが、なぜ痛みが消え去るのかを理解している人は少ないです。そこで、今後整体へ訪れた際より効果を感じやすくするために、簡単な原理を知っておくと効果的です。

 

整体

 

そもそもなぜ、人間の体において節々が痛くなるのかといえば、大体の原因は体の歪みから来ています。究極的には左右対称な構造となっている人体ですが、たとえば片方の肩にだけバックをかけることや同じ方向ばかり向いて寝ること、足を組む癖があることなど、様々な理由から左右のバランスが不釣り合いとなります。

 

そうなると、骨と骨を繋ぐ関節に負担がかかることや、一部の筋肉を酷使するなどして、対象箇所の痛みが発生することになります。それを外部からの力によって改善させようとするのが、整体の役割です。
具体的な原理としては、まずあらゆる方向や体勢での痛みや違和感を見つけ出し、それぞれに適した治療方法を行うことです。

 

痛みの原因は一律ではなく、たとえは同じ腰の痛みでも当然人によって微妙に異なるものです。腰を酷使した結果である慢性的な痛みなのか、あるいはぎっくり腰や交通事故などによる急性的なものなのかなどを、個人一人一人の話や行動から把握していきます。歩かせてみたり、仰向けになってもらったりすることにより、左右対称でない部分や、同じ箇所から痛みを発することなどを理解した上で、いよいよ治療に入っていきます。

 

ただ、原因や箇所を特定できたところで、必ずしもすぐに痛みを取り除くことが出来るというわけではありません。というのは、たとえば体の歪みを解消する必要性がある場合に、素人がそれを元に戻すことは困難でしょう。要は、整体を実施するためには豊富な知識と経験が必要であるということです。このことからも、整体の原理がいかに難解で複雑なのかを認識できるでしょう。

三宮の脱毛エステ

三宮の脱毛エステをお探しなら!

 

http://ミュゼ三宮店.com/